行政書士試験の勉強法をググっていると

「民法は図に示すと簡単になる」

と書いてあることが多いです

・・ならなくないですか?笑

頭の中で整理して答えるより
図にする事の方が難しいと思うのですが

コツを掴んだら簡単なのでしょうか?

にほんブログ村 トラコミュ 行政書士試験、独学で短期合格!へ
行政書士試験、独学で短期合格!
資格の学習法パラダイス
行政書士

例えば法定地上権に関する問題

平成13年問28肢2 

Aは、Bに対する債務を担保するため、BのためにA所有の甲地に抵当権を設定し、
この抵当権が実行されてCが甲地を買い受けた。
抵当権設定当時甲地にA所有の建物が建っていたが、
Aが抵当権設定後この建物をDに譲渡し、
Dのために甲地に賃借権を設定した場合に、この建物のために法定地上権は成立しない。


答えはバツ

この問題を例にしてみましょう

まず、何をどう図にしたらいいのかガチでわかりません
図にしたパターンも載せようと思ったのですが
マウスと頭が完全停止しました

もう一度言います
ガチでわかりません
行政書士民法
これってもしかして土地と建物に分けるのでしょうか?
やってみます
行政書士法定地上権
 
この有様です

問題を解くより図で書くほうが難しい

単純に

・AがBに借金

Aの甲土地に抵当権設定

設定時にAの建物あり

・設定後に建物D所有

・抵当権実行、甲土地C所有


という流れを頭の中で考えて

Aの甲土地に抵当権設定
設定時にAの建物あり


の時点でイコール法定地上権成立

成立しないような事情がない事を確認しておしまい!

で解いています
なんでわざわざ図にするのかわからないです

上の画像の破壊的なクオリティでお察しのとおり、
私は民法の問題を図にして解いた事がありません 

しかし、行政書士試験の範囲の民法が
そこまで複雑でややこしいと思ったこともありません

先ほど書いたような流れで解けます
なんなら司法書士試験の問題もそれでいけてます
(趣味程度にしか解いていないので無責任な事言えませんが)

私が頭の中で整理するほうが簡単だと思うように
図にした方が簡単だと思う方もいらっしゃると思います

予備校などでは図の書き方も教えてくれるんでしょうか

ともあれ、ひとそれぞれ得意な方法で勉強するのが一番だと思いますので

もしも私のように独学で、
図の書き方が難しくて心が折れそうな方がいたとしたら

行政書士試験合格のためだけなら
問題が解けるなら、
図にする必要は一切ないですよ


と声を大にしてお伝えします

にほんブログ村 トラコミュ 行政書士試験、独学で短期合格!へ
行政書士試験、独学で短期合格!
資格の学習法パラダイス
行政書士

この記事を書いた後に

「仕事のできる人は図解力がある!」

とかいう記事を発見し
カチーンと来たため頑張って作図してみました 笑

法定地上権の図


AとかBとか書き忘れた!

これはあくまでも
「すでに理解しているものを人にわかりやすく説明するための図」であって

「初めてみる問題を、
自分が理解しやすくするために図で書いて簡単にする」


っていうのは、やっぱり全然わからない感覚です(汗